忍者ブログ
四つの物語を載せます
[6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

物語の前に。。。。

  私のホームページに来てくれてありがとう。出来れば最後まで読んでくれると嬉しいです。

全てを読まなくても、思いつきでも感想を書いてみて下さい。下記から、感想などを楽しみしてます。

harahara7892000@yahoo.co.jp    

最後に、ネット小説ランキングに投票してくれれば、私は頑張れると思います。

もう一言。

主人公の輪は、月の住人だ。月人は、背中に蜉蝣のような羽を持ち、左手の小指に赤い感覚器官があった。背中の羽で、他世界、過去、未来を飛び、赤い感覚器官で、連れ合いを探す為の導きを示す。輪は、連れ合いを探し出す事できるか?。そして、連れ合いと共に月に帰る事ができるか?

それでは、物語が始まります。

早く月に帰りたい

第一章
  老婆が一人椅子に腰掛けていた。
 その椅子は老婆の専用の物だろう。背もたれが付き、肘掛は扇状に作られ、小さなテーブルで、椅子の高さは踵が着くか付かないかになっていた。その椅子は特種の椅子に見える。全体の様子から既製品を加工した物ではない。椅子には素人の雰囲気が感じられたが、多分この椅子は、老婆の主人が作った物で思い出の有る椅子なのだろう。古い物だが見た目と違って、座ると壊れるとは誰も感じられないがっしりとした作りだ。
 その椅子は長い間使われて、そのお蔭でますます使いやすくなった感じがした。
 例を挙げれば、使っている間に少しずつ座る部分が丸く削られて、長い間座り続けても疲れは感じないだろう。一番の興味を沸くのは、左右が均等になっていない所に、誰が見ても二人の物語があり、均等に作れなかった箇所が、面白い思いが目に浮かぶ事だろう。
 妻の注文通り作ったのか。それとも、妻の要求で修正が効かなくなったのかは分からないが、主人の愛情が感じられてくる。その主人の渋い顔を想像できるが、妻は、この様な会話が一番の楽しみだ。そう思う場面が、この椅子には目に浮ぶだろう。老婆の寝顔は満面の笑みを浮かべている。恐らく、その時の楽しい場面を見て寝ているのだろう。
「おばあちゃん。天使のお話をきかせて」
 五歳位の男の子が、息を切らせながら走しって来る。この位の歳が学ぶ学校からでも走って来たのだろうか。老婆の前で息を切らせながら声をだした。
「天使ではないのよ。おじいさんよ」
 老婆は起こされたのが不満なのかは分からないが、一言ずつ大きく話した。
「お母さんは天使様だと言ったよ」
 子供は少し頬を膨らませながら話した。
「ねえ。おかあさん」
 子供は大きな声で言われたので怒られたと思ったのか。台所にいる母に助けを求めた。
「また、その話ですか」
 自分でも近いのは天使だと思い。そう話した。
だが、どのように答えて言いか解らず目線で母に助けを求めた。
「男の子だからでしょうか。それとも、近頃の子供はみんな物語りとしか考えないのですね。夢を見ないのかしら。私が幼い頃に聴いた時は、満月の日か、今日か、明日か、何時かは月から迎えが来ると思って、夜も眠れませんでしたわ」
 少し頬を赤くさせながら話し掛けた。
「お前には話さない積もりだった」
 溜め息を吐き、躊躇いながら話し出した。
「だがねえ。あの時のお前を見ていたら、若い頃のお父さんと同じに消えてしまう様な気がしてね。話をして置けば消える事は無いと思い話したが、急に色気づくし態度も変わり気持ちが悪いと思っていたが、そんな事を考えていたのか」
 今の話を聞いて、若返ったよ。と言いたげに心の底から笑っている様だ。
「おかあさんが天使と言ったのはね。前におかあさんに、ご本を読んでもらった本に天使が出て来たでしょう」
 老婆はこんな事が昔にもあったなと、昔を重ねて、本当に嬉しそうに感じられた。
「うっうんん。出てきた」
 毎日、母に読んで貰って入るのだろう。数が多過ぎて考えて答えているようだ。
「明は大好きな人が要るかなぁ?」
 孫のコロコロ変わる表情を見たい為か分からないが、少しずつ話しかけて、これ以上顔が崩れないかな。そう思う笑顔に思えた。
「いるよ。香織ちゃん」
 名前を言うだけで嬉しいのだろう。笑顔で答えた。
「香織ちゃんに、明ちゃん嫌いだよ。そう言われた事あるかな」
 老婆は返ってくる言葉が、解る様な笑みを浮かべていた。
「んん。言われた」
「謝って、仲良しになりたい。又、一緒に遊びたい。それで、仲なおりしたい。と思って、家に行ったりしたけど会えなかったでしょう。
 だけど、知らないうちに遊んでいて、何で嫌いと言われたか忘れていたはずでしょう。
 それはね。天使が忘れさせて会わせてくれたのよ。おじいさんは、天使と同じ事をしているから、おかあさんは天使と言ったのよ」
 老婆は段差の違う肘掛のテーブルを撫ぜて昔を思い浮かべているのか。ポツリ、ポツリと微笑みを浮かべて、明が頷くのを待ちながら話し始めたり、止めたりをしていた。
 老婆は目を瞑り。孫の為に、祖父の事をもっと詳しく話しを聞かせようと、心が昔に戻っているように感じられた。
 老婆の孫は、老婆の顔の表情で話を聞く前から心が躍っていた。
 孫は、老婆の目が開くのを待っている。孫が老婆の心に入る。又は、心が見える事が出来たならば、次の様に感じられた事だろう。
最下部の第二章をクリックしてください。

PR

コメント
あしあと
来ましたーー  ^_^

【2006/08/11 21:43】 NAME[いるか7号] WEBLINK[] EDIT[]
ありがとう
感想を楽しみしてますね。
【2006/08/12 00:48】 NAME[垣根 新] WEBLINK[] EDIT[]
足跡
あ!遅くなったけども。 読んでます。
読み終わったら感想書きますね~♪
【2006/09/18 19:44】 NAME[spin] WEBLINK[] EDIT[]
ありがとう
楽しみしてますね。ハボ名でも、ミクシィ名でも、良かったのですよ。それでは、気長に待ってます。長い文面になるようなら、ホームページのアドレスでもいいですよ。わくわく。
【2006/09/24 23:38】 NAME[垣根 新] WEBLINK[] EDIT[]
無題
これって携帯からでも見れるようになって
るんだね。じっくり読ませて頂きます。
読み終わったら感想書きたいんだけど、
俺は文才0だからの;
とりあえず全部読みまーーーす^^
【2006/09/25 23:58】 NAME[ぶらっく] WEBLINK[] EDIT[]
ありがとう
気長に待ちますので良いのですよ。楽しみしていますね。書いて欲しい事でもいいですよ。
【2006/09/27 23:39】 NAME[垣根 新] WEBLINK[] EDIT[]
足跡♪
最近小説とか読まないから^^;;良い機会に呼んでみますね^^
【2007/01/01 01:59】 NAME[クリスタ~ル] WEBLINK[] EDIT[]
無題
足跡ペタッ(*´∇`*)
投票しに来ましたw
またくるね
【2007/01/04 12:58】 NAME[ベルン☆] WEBLINK[] EDIT[]
ありがとう。
投票ありがとうね。次回作を書くのに頑張れるよ。ありがとうね。
【2007/01/04 19:32】 NAME[垣根新] WEBLINK[] EDIT[]
面白い
すごくこの物語面白いですのでこれからもバンバン書いてくださいね。
楽しみに待ってます
【2007/03/27 22:29】 NAME[沢渡 ゆり] WEBLINK[] EDIT[]
ありがとう
ゆりさんは、何の作品が気に入ったのかな?。それと、今は、六作品目を書いているのですよ。機会があれば発表しますね。それでは、毎月更新しますから、読んでみてくださいね。
【2007/03/30 20:15】 NAME[垣根新] WEBLINK[] EDIT[]
面白かったよ
何日もかけて読んでみたけど、ともても面白かったよ。

物語を書くなんてすごいね。
【2007/07/25 15:05】 NAME[レリム] WEBLINK[] EDIT[]
レリムさん。ありがとう
読んでくれたのですね。それにコメントも書いてくれて嬉しいです。本当の気持ちですよ。その気持ちで次ぎの作品を書く元気が出ました。ありがとうね。
【2007/07/25 19:09】 NAME[垣根新] WEBLINK[] EDIT[]
すみません
更新しようと考えているのですが、管理画面に入れないので更新できないのです。もう少し待っていてくださいね。必ず更新します。
【2007/08/19 09:20】 NAME[垣根新] WEBLINK[] EDIT[]
読みました!
こんにちわ。あんです^^
まだ1つの物語しか読んでないけど、すごいね。
老婆の顔の表情が目に見えてくるようでした。
面白かったぁ。残りの物語もじっくり読ませて頂きますね。
新作書くのかな?楽しみにしてますね^^
またね・△・)ノ
【2007/09/24 21:42】 NAME[annz☆] WEBLINK[] EDIT[]
アンズさん、ありがとう
久しぶりのコメントで本当に嬉しかったです。それに、本当に読んでの感想だと思えるほど嬉しい内容でした。コメントにも書いてありましたが、新作は、今書いてますよ。楽しみしていてくださいね。何時になるか分かりませんが載せる考えです。それでも、早くても、今の2作品が終わってからだと思います。それでは、また、感想も、お店でも話しをしようね。今日は、帰宅時間が遅くて店に行けませんでした。明日は遊びに行きますので楽しい会話をしようね。それでは、また明日。
【2007/09/28 23:59】 NAME[垣根新] WEBLINK[] EDIT[]
読んでくれる人へ
私の物語を読んでくれてありがとう。コメントを残せない人も、その気持ちは分かります。私も、物語は好きで書きますが、感想などは困る事が多いですからね。それでも、一言でも書いて頂けると本当に嬉しいのですよ。でも、書かなくても良いのです。また、続きが読みたい。その様に思ってくれるだけでも嬉しいのです。その様に思ってくれる人が居ると思って物語りを書き続けますね。それでは、続きを楽しんで読んでくれると嬉しいです。
【2007/09/30 10:53】 NAME[垣根新] WEBLINK[] EDIT[]
あしあとですー。
1章、読ませてもらいました!
私は活字なんてめっっったに読まないので、
ちゃんとした感想なんて言えませんが、
普通に出版されてる文庫本みたいな文章で
すごいなと思いました。頑張って下さい!
【2007/11/04 23:17】 NAME[阿波子] WEBLINK[] EDIT[]
こんばんわ
読ませていただきました^^
独特な感性ですね。これからも書き続けて下さい!!
【2007/11/04 23:27】 NAME[ちんぷい] WEBLINK[] EDIT[]
阿波子さん、ありがとう
長い話しですから気長に読んでください。感想はいつでも良いですよ。私も、気長に楽しみにして待ってますね。それでは、また、話しましょう。
【2007/11/06 20:17】 NAME[垣根新] WEBLINK[] EDIT[]
ちんぷいさん、ありがとう。
的確な感想をありがとうね。私も、その感性は、自己満足で、売れない物語ではないのかと思っていたのですよ。それに、翻訳の本みたいと言われた事もありましたので、でも、これからも書き続けますね。楽しみにしてくれると嬉しいです。
【2007/11/06 20:21】 NAME[垣根新] WEBLINK[] EDIT[]
こんばんわ
一章、読ませてもらいました。
文面の「月から迎えが来ると思い、夜も眠れない」私も幼少の頃、そんな時期があったのを思いだしました。
とても面白いので、次も楽しみです。
【2007/12/05 00:40】 NAME[ミリ] WEBLINK[] EDIT[]
ありがとう。ミリさん
長い話しですからゆっくりと味わって読んでください。感想の方は気長に楽しみしてますね。それと、今度の土日には物語の更新しますので楽しみしていて下さいね。
【2007/12/10 20:56】 NAME[垣根新] WEBLINK[] EDIT[]
あけおめ
元旦そうそう小説読んだよ(・∀・`)
続きはまた今度よみます。楽しみだなぁw
【2008/01/01 16:16】 NAME[かれーこ] WEBLINK[] EDIT[]
ありがとう
今年もよろしくね。リンクが貼ってあるのを見ましたか?。訪問者が増えていたかな?。それで、感想などが書いてあればいいね。それだと、作品を書く楽しみが違うでしょう。一緒にがんばろう
【2008/01/01 17:50】 NAME[垣根新] WEBLINK[] EDIT[]
来ましたょ^^(habbo)
来ました^^
すごく、良く書けていました。どんどん、書いて行ってください。
応援しています(。・ω・)ノ゙
【2008/05/31 21:48】 NAME[♪春野サクラ♪] WEBLINK[] EDIT[]
ありがとう
感想を楽しみしていますね。
【2008/06/01 01:09】 NAME[垣根新] WEBLINK[] EDIT[]
読みにきました。
こんちは!
 きました!! …でもごめんなさい、時間がなくて今日は全部読めませんでした。
 この次来た時に続き、読ませてもらいますね!
【2008/09/04 23:07】 NAME[ねぎを] WEBLINK[URL] EDIT[]
ありがとう
ネットカフェでは大変でしょう。携帯でも読めるからね。気長に待ってますので気にしなくていいよ。また、話しようね。それと、終電には間に合ったかな?。
【2008/09/05 00:36】 NAME[垣根新] WEBLINK[] EDIT[]
きました~
3章まで読みました!
小説を読み慣れていないど素人なので意味を把握するのにシクハクしていますが(^^;ファンタジー映画が大好きなので面白そうな感じがしています^^
また、一休みして読んでみます!(・_・)ゝ
【2008/09/06 13:05】 NAME[めんたいこ] WEBLINK[] EDIT[]
ありがとう
五作もあるので気長に読んでくださいね。それと、感想も楽しみしています。また、話しできるのも楽しみしていますよ。
【2008/09/07 00:35】 NAME[垣根新] WEBLINK[] EDIT[]
がんばって!
すごく、面白かったです^^今度も頑張ってガンガン書いちゃってください!楽しみにしていますからね^^まだ一章しか読んではいないけれど、私も張り切っていっぱい読みますから!
頑張ってください!   ファイト×2オー!
【2009/06/19 22:05】 NAME[由利] WEBLINK[] EDIT[]
ありがとう。
必ず、絶対に、毎月の更新するからね。楽しみして下さいね。今書いている新作も完成したら一番に教えますね。それではまたね。
【2009/06/20 01:04】 NAME[垣根新] WEBLINK[] EDIT[]
おぉ~!
たくさん書いてるんですねっ!
時間のある時にじっくり読みますぅ~
【2009/06/22 22:22】 NAME[まるたま] WEBLINK[] EDIT[]
ありがとう。
コメントありがとうね。少々長い作品ですし気長に待ちますので感想を楽しみしていますね。それでは、またね
【2009/06/22 23:39】 NAME[垣根新] WEBLINK[] EDIT[]
^^
あれから少しずつですが読ませてもらってます(*´`*)どう展開していくのかワクワクです♪沢山書かれてるんですね~ビックリしました(゚ロ゚;)これからも頑張ってください♪♪
【2009/07/17 20:12】 NAME[薫奈] WEBLINK[] EDIT[]
ありがとう
ありがとう。久しぶりですね。感想を楽しみしていますね。それと、お店の方も頑張ってください。またね。
【2009/07/18 13:48】 NAME[垣根新] WEBLINK[] EDIT[]
読ませてもらってます♪
たくさん作品があるので、最初のほうから読破していきますね(^-^)
【2010/04/11 23:50】 NAME[ちゃ~] WEBLINK[] EDIT[]
無題
久しぶりのコメントでうれしいです。物語の更新や新作を書く気持ちが向上します。ありがとうございます。まあ、感想は気長に待ちますので、ゆっくり読んでください。楽しみしていますね。
【2010/04/14 23:20】 NAME[垣根新] WEBLINK[] EDIT[]
読みましたよ~
「早く月に帰りたい」読みました!私は今まで童話や簡単に書かれた本を読む事はあっても、こういうちゃんとした小説は殆どなかったので、とても新鮮だった半面、少し難しかったです。でも、じっくり、書かれている情景を想像しながら読んでいるうちに次が気になって…。どんどんこの世界に入って行けた気がします。また次の作品を読もうと思います!
【2010/07/27 11:13】 NAME[Chica] WEBLINK[] EDIT[]
ありがとう。
物語を読んでくれたのですね。ありがとう。私、コメントを読んで、次の作品を書く気持ちが膨らみました。今まで以上の作品になるように、がんばって書きますね。その時は、また、読んでくださいね。
【2010/07/27 21:09】 NAME[垣根新] WEBLINK[] EDIT[]
凄い!!
凄いですね!! いっぱいあってぜんぶ読めなかったのでまた今度読ませてもらいます
こらからも頑張ってください☆
【2010/09/10 20:51】 NAME[margaret] WEBLINK[] EDIT[]
ありがとう。
コメント、ありがとう。気長に待ちますので読んでみてね。感想を楽しみしています。
【2010/09/12 20:10】 NAME[垣根新] WEBLINK[] EDIT[]
読んだよ!
引き込まれました。続きを早く読まなきゃなって
思ったよ。
楽しみがふえました。ありがとう。
【2011/01/11 19:54】 NAME[ケロ子] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
垣根 新
性別:
男性
自己紹介:
物語を書いて五年になりましたが、私は「左手の赤い感覚器官(赤い糸)と「蜉蝣(カゲロウ)の羽(背中にある(羽衣)の 夢の物語が完成するまで書き続ける気持ちです。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
最古記事
(08/02)
(08/02)
(08/02)
(08/02)
(08/02)
アクセス解析