忍者ブログ
四つの物語を載せます
[54] [53] [52] [51] [50] [49] [48] [47] [46] [16] [15]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第四章、現代の江見の様子。
 江見は、大声を上げた。
 平成の現代の江見も驚きの声を上げた。その声は、薫が読み上げる声と同時だった。
「馬鹿な」
「えっ」
 薫は、江見に問い掛けようとした。
「良いから続けて」
 そして、顔色は真っ赤から青に変わる。まるで、全ての予想が当たり、恐怖を感じて青ざめているようだ。
「はい」
 薫は、江見の真剣な表情を見ると、何も答えずに読み上げた。
最下部の五章をクリックしてください。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
垣根 新
性別:
男性
自己紹介:
物語を書いて五年になりましたが、私は「左手の赤い感覚器官(赤い糸)と「蜉蝣(カゲロウ)の羽(背中にある(羽衣)の 夢の物語が完成するまで書き続ける気持ちです。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
最古記事
(08/02)
(08/02)
(08/02)
(08/02)
(08/02)
アクセス解析