忍者ブログ
四つの物語を載せます
[111] [110] [109] [108] [107] [106] [105] [104] [103] [102] [101]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 あらすじ
 八人の女性と一人の男の運命の導きの話しです。出会いであり、導きの始まりは、七千五百万年前に、地球の領主として地球に向う間に、一人の后と、六人の側室での生活が始まりでした。
それでも、地球に着くと同時に男は死ぬのです。そして、一族の者の手で、男は現代まで魂を墓石に封じる事で存在できたのです。
その間、何度も、七人の姫たちは男を捜すために転生したのです。ですが、男は自分の転生が生まれない事に不審を感じて探しに出るのです。
その時、何も考えてなかった男は、猫の命を助け、願いを聞いて体に入ってしまいます。
その事で、自分の転生した体を探し出せますが、だが、その時には、七人の女性以外の、別の運命の相手が居たのです。
男は、猫のままでは何も出来るはずもなく、時の流れと言うのでしょう。そのまま成り行きに任せるしかなかったのです。
すると、現代の運命の導きと、過去の運命の導きの争いと思うような戦い。と言うか嫉妬の争いが起きます。
始は、子供の玩具の弓矢で蹴散らそうとしたのですが、七人の姫が弾き返してしまうのです。
それで、弓矢から拳銃に、そして、機関銃を持ち出したのですが効果がありませんでした。
それでも、この争いの結果で、八人の女性は運命の人を探し出し、運命の相手だと確認が出来たのです。
そして、七人の女性は、男と結ばれたいから行動を起こすのですが、現代の時の流れは、八人目の女性を結び付けようと事件が起きるのです。
そして、男と猫は、八人の女性が男と結ばれるのには自分が助けないと駄目だと気が付くのです。
猫の方は、何も気が付いてないでしょうが、主人の為に、誰が必要かと考えます。そして・・・・・・誰が・・・・。
 最下部の第一章をクリックしてください。

PR

コメント
シンクロニシティ
こんにちは 『タイトル&あらすじ』しかまだ拝読しておりませんが、ちょっと驚きました。なんだか自分の事を書かれているみたいで(笑)
【2009/02/11 01:34】 NAME[はなここ] WEBLINK[] EDIT[]
無題
コメントしてくれてありがとうね。そうなんだ。驚きましたか、それは、感想が楽しみです。一冊の本のように長いので気長に感想を待っています。ゆっくり読んでみてくださいね。
【2009/02/11 19:33】 NAME[垣根新] WEBLINK[] EDIT[]
無題
すっごくよかたね
【2009/09/04 21:19】 NAME[NONAME] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
垣根 新
性別:
男性
自己紹介:
物語を書いて五年になりましたが、私は「左手の赤い感覚器官(赤い糸)と「蜉蝣(カゲロウ)の羽(背中にある(羽衣)の 夢の物語が完成するまで書き続ける気持ちです。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
最古記事
(08/02)
(08/02)
(08/02)
(08/02)
(08/02)
アクセス解析