忍者ブログ
四つの物語を載せます
[118] [117] [116] [115] [112] [111] [110] [109] [108] [107] [106]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第五章
「今日子、お帰り」「ただいま」 今日子は、日の出の頃に洞窟に入ったが、予定の通りに、日が沈む間際に洞窟を出る事になった。父親の想像の通りに、娘は満面の笑みを浮かべて現れた。それでも、一つだけは想像とは違う事があった。自分の連れ合いの明子(あきこ)が悲しい事でもあったのだろうか、泣きそうな表情だったのだ。もしかして母親は、自分の娘の身体の中に男性の意識がある事に気が付いたのだろうか、その様子を見て妻に話をかけた。「明子。如何したのだ?」「何でも無いわ」 返事を返すと同時に、今日子が、父に話をかけた。「お父さん。今から出掛けていいわよね」「駄目だと言っても会いに行くのだろう」「・・・・」 父に視線を向けて返事を待った。「行って来なさい。だが、遅くても十時までには戻るのだぞ。良いな」「・・・・」「良いな。その頃になれば食事の準備も終わっているはずだ。待っているからなぁ」「はい。行ってきます」 今日子は、父に返事を返すと、洞窟の入り口に向かった。そして、出ると眩しい訳でもないのに、立ち眩みのように身体がふらついた。その様子は、始祖の真が身体から出た証拠だった。その事には、二親も娘も気が付いていなかった。「久しぶりの外だぁ。だが、想像以上に変わってしまった。私が魂になって最後に見たのは、人工物など無い森林だったはずだ。どの位の年月が過ぎたのだろう」 真は、今は月と言われている箱舟で死んだ時の思い出と、魂になって洞窟に保存される最後の景色を思い出していた。「うぉおおおお」 真は、自由になった喜びからだろう。叫びながら上空に上っていった。そして、驚くのだった。あまりにも想像と違う事に言葉を無くすのだ。「えっ・・・・・」 辺りの景色を見回し、見た物が信じられないのだろう。更に上へ上へと上がり続ける。「馬鹿なぁ。何という数の人工物だ。人口は何人だぁ。これでは探しようも無い」 真は、地球に向かう時の人数は一万にも満たなかったのだ。それで、増えたとしても十倍と考えたのだろう。それなら、一人、一人の男性の意識を読もうとしたのだ。だが、完全に無理だと判断した。「あっ、静の生まれ変わり、今日子の赤い感覚器官を頼るしかない」 即、先ほどの洞窟に向かったが、今日子が居るはずがない。「居るはずがないかぁ。晶とか言う男に赤い感覚器官を見せに行ったのだからなぁ。仕方が無い。二親の近くで待つしかないなぁ」 洞窟から離れ、母屋へ、二親の声が聞こえる方向に向っていった。だが、後、五分早ければ、今日子の声も聞こえただろう。
 
最下部の六章をクリックしてください。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
垣根 新
性別:
男性
自己紹介:
物語を書いて五年になりましたが、私は「左手の赤い感覚器官(赤い糸)と「蜉蝣(カゲロウ)の羽(背中にある(羽衣)の 夢の物語が完成するまで書き続ける気持ちです。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
最古記事
(08/02)
(08/02)
(08/02)
(08/02)
(08/02)
アクセス解析