忍者ブログ
四つの物語を載せます
[112] [111] [110] [109] [108] [107] [106] [105] [104] [103] [102]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第一章
「真様(まこと様)見える。あれが領地よ。真様の星なのよ。やっと着いたの。これから、楽しい日々が始まるわ」
「うん、目的の星に着いたねぇ」
「真様、綺麗な星ね」
「うんうん、綺麗な星だ。空気も食べ物も美味しそうな星だね。それに、良く穀物が育ちそうな星だね」
「うんうん、そうね。後で降りたら食べ物を探して食べましょう」
「うん、楽しみだね。なんか眠くなってきた少し眠るね。着いたら起こして、一番に降りるからね」
「そうよ。一番に降りないとね。真様の領地なのだから同然ね」
「うん」
「本当に一番に領地の地を踏んでよ。神様にも歴代の先祖様にも挨拶の儀式をして、領地の地に沢山の恵みを頂くのよ」
「うん、儀式をしないと・・・・ごめん、少し寝るね」
「真様、おやすみなさい」
 寝台の周りには、七人の女性が立っていた。その中の一人が、恐らく、后だろう。話しをしていたが、挨拶だけは、七人の女性が同時に言葉を掛けていた。そして、部屋を暗くすると、七人の女性が部屋から出て行った。
 洞窟の奥にある。歴代の墓の一番の奥の石に魂を封印された。始祖の真は、何度も、何度も同じ夢を見ていた。そして、同じ言葉を呟くのだ。
「体は何時になれば転生するのだ。日姫(にちひめ)。月姫(つきひめ)。火姫(ひひめ)。
水姫(みずひめ)。木姫(きひめ)。金姫(きんひめ)。土姫(つちひめ)の転生した体は、何度も見ていると言うのに、俺の体が転生しないは、何故なのだろう。先ほど、新しい転生した姫が挨拶に来たが、この世では、俺の体が転生するのだろうか、そして、七人の女性に会えるのだろうか?
   最下部の第二章をクリックしてください。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
垣根 新
性別:
男性
自己紹介:
物語を書いて五年になりましたが、私は「左手の赤い感覚器官(赤い糸)と「蜉蝣(カゲロウ)の羽(背中にある(羽衣)の 夢の物語が完成するまで書き続ける気持ちです。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
最古記事
(08/02)
(08/02)
(08/02)
(08/02)
(08/02)
アクセス解析