忍者ブログ
四つの物語を載せます
[47] [46] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第十三章
 輪は、二人が旅の仲間に入れる事を心配していたが、この世界の流れに逆らう事が出来ない為に仲間に加えるしかなかった。今では二人が来てくれた事に感謝している。巫女様と礼が着てから、二人の女性は、別人のような変わりようだ。確かに、私が原因でこの世界に連れてこられたのだから、不満をぶつける事は分かるが、人の話はまったく聞かない、注意しても自然を破壊する。もし、世界を自分の物したいと思う魔女がいたとしても。ここまで自己中心な人では無いはず。そう感じていた。それが、二人が大人しくなった理由を挙げれば思い付く事は有る。巫女様の旅の費用で、人並み以上の食事や宿に泊まる事も出来る。大げさかも知れないが、総ての女性に好意を持たれると思う。気品のある付き人がいる。礼を見ていると本当に少しだが、私にも原因が有ったような思いがしてくる。私と礼以外の他の三人は、羽衣の力で超人のような者になっているが、食欲やストレスが無くなる訳ではない。礼は女性に労をおしまない性格なのか、それとも自分の為なのだろうか、定期的に咽を潤す物を買い求めてくるし、宿の手配までしてくる。今思えば宿に着く時間や一日の休憩のような時間は同じ回数だった気がする。旅での休憩の取り方は、珍しい鳥の鳴き声が聞えるから鳥の歌を聞きましょう。心地よい風受けながら花の香りや美しさで心を癒しましょう。そう言って休憩を取るのだ。それだけならば、私にも出来るような気がする。驚くのは何時、用意したのか、飲み物や軽食まで出される。ここまで出来れば、二人が不満を言う暇がない。それに、私に対しての八つ当たりと思うが、辺りを破壊しながら悲鳴なのか、雄叫びなのか分からない笑い声を上げない。それが、一番助かっている。二人の八つ当たりがないのは、礼の飽きさせない会話術のお蔭だ。それと、まさかと思い考えないでいるが、蜘蛛や蛇を見ての悲鳴が聞えないのは偶然出会わないのだろうか、礼も、まさか、そこまで出来ないだろう。そう思う出来事は総て夢。五人で旅に出た日から、今まで本当に何事も起きない為に、何日過ぎたのか分からない。と、言う事は、日がそれだけ過ぎていないのか知れない。私は歩きながら白昼夢を見ているのだろうか、それとも旅の初日は、巫女様のお蔭で、始めて宿に泊まる喜びの余り。まだ初日に夢の中なのだろうか、それでも構わない。夢ならいずれ覚めるはずだ。穏やかな日々が一瞬でも感じられるのなら、夢でも満足だ。あああ、恐怖の笑い声が聞こえてきた。夏美と秋奈の声だ。だが、指に痛みが感じない。自然破壊の木々の悲鳴も聞えて来ない。変わりに心を穏やかにする声が聞こえてくる。やはり夢だったのか。目を覚ましたくない。
「輪様。輪さま。輪さま」
「み、巫女様」
「急に何も言わなくなり、如何されたのですか、何か心配事でもあるのですのぉ」
「間も無く港町に着きますから。それで、どの様な所なのか、思い浮かべていました」
 輪は、自分の顔を抓る代わりに、夢か、本当に港町に着くのかを、春奈で試した。
「巫女様、間も無く港町です。その前に茶店が有りました。御団子でも食べませんか」
「輪様。どうします」
 春奈が問うた。
「休みましょう」
 礼を見ていると、今まで幾つの次元世界に行ったが、運命の人が見付からない原因は自分にあるのか、時の神が礼のようにするのだと諌める為、この世界に来させた。そう思えてくる。
「巫女様。宿代からこんな物まで払ってくれて頂いて、何て言ったらいいのか」
 上目遣いで話した。先ほど、自分を変えようと考えたはずなのに、忘れているような話し振りだ。
 礼の勧めで五人は茶店にいる。茶店といっても普通の家の前に、手ごろの大きさに切った丸太の椅子と、旗に、御茶と、書いてあるだけの作りだ。旗が無ければ普通の民家と思い通り越すだろう。
「いいえ。私の方が、輪様に謝らなければならないと思っていましたわ」
 深刻な表情で話し掛けられた。
「え」
「礼の事ですわ」
「礼さんが、何をしたのです」
 礼の様子を見ながら原因を考えた。
「礼さんは、皆に、本当に良く尽くしてくれています。私も見習わなければ、そう思っていました」
 輪は、照れ笑いのような笑みを作った。
「礼を見習う。何を言っていますの。輪様も感じていると思っていましたわ。私は、輪様が何時怒り出すのではないかと、ハラハラしていましたのです。礼の人柄が分かっていたら連れて来ませんでしたのに、幼い子供でも、礼よりは礼儀を知っていますわ」
「巫女様。ちょと、待ってください」
 意味の分からない事を喚かれて、落ち着かせようとした。
「輪様、な、何でしょうか」
 輪の声で驚いた。
「あのう、巫女様。礼さんに付いてもう少し分かりやすく、と言うか。どの様な所が?」
「どの様な所と言われても。挙げれば切りがありませんのよ」
「私が注意しますから言って下さい」
 輪は一瞬、礼に視線を向けた。
「皆は疲れていないのに、礼が休みたいといえば休む事になりますし、勝ってに出かけ菓子など持って現れますでしょう。挙句の果てにだんだんと調子に乗って、この地に来て、あれを食べなければ恥です。と、言い出して、道を遠回りするはめに成った事もありましたわ。今では悪知恵を働かせて、先に夏美さんと秋奈さんに話をして、後押ししてもらっていますね。その位ならまだ提案をしているのですから仕方ないと思います。私が我慢出来ないのはあの話し方ですわ。幼い子供でも、もう少しましな話し方が出来ると思いますわ。あのような話し方をするのは、輪様を怒らせる為にしているはずです。私は、どうしたら良いか、考えていたのです」
 告げ口をしているような気がしてきて、話の最後は恥ずかしくなり俯いていた。
「巫女様。私は、礼さんが気を遣わなくなって喜んでいたのですよ。私と、巫女様にはまだ、気を遣っていますね。夏美さんや秋奈さん見たいに、まったく気を遣わないで欲しいと思っています」
 輪は、春奈の心の中を打ち明けてくれた事が本当に嬉しかった。
「輪様は、幼い子供のような話し方をされるのが嬉しいのですか、礼は悪巧みを考えて故意にしていると思いますわ。その事や考えが気を遣わない事なのですか?」
「いいえ。巫女様が話しをしてくれたように、心の中で考えている事を、一々整理して話すのでなくて、心の言葉を出す事や、笑みを浮かべる人もいます。人それぞれですよ。巫女様は心が躍っていませんか。言いたかった事言って楽しくないですか、礼さんも楽しんでいるのですよ」
「楽しんでいるのですか」
「そうですよ。遊んでいるのです。巫女様。会話だけでなくて、今やって見たいと思う事がありましたら、直ぐに行動してみたらどうです。旅に出たのですから旅の楽しい思い出を作りましょう」
「そうですわね。私も遊ぶ事にしますわ」
 春奈は、礼と始めて言葉を交わした時の事が思い出された。あの時の礼は、馬鹿にしたのでなくて、私と親しい友人になろうとしていたのね。
 輪は、春奈が幼い子が悪戯を考えた時のような無邪気な笑みを見て、気持ちが伝わった。感じた。
「礼」
 大声を張り上げた。
「はっ、巫女様」
 即座に畏まり。頭を下げ言葉を待った。
「私は旅を楽しむ事にします。礼も旅を楽しみなさい。私が許します」
「有り難き幸せです」
「その話し方もしなくても宜しい。初めて言葉を交わした時の口調でかまいません。礼の好きなようにしなさい。私は友人に対する時の礼儀を憶えました」
 夏美と秋奈は何が起きたのかと、きょろきょろと周りを見ていたが、春奈の言葉を聞くと肩を竦めた。礼は先ほどまでの春奈と輪の会話が聞えていた為か、許しを頂いたお蔭だろうか、一瞬苦笑いを浮かべると、自分の耳にも届かない声で呟いた。
「この方には、どの様な事をすれば伝えられるのだろうか、気持ちが疲れるとか楽しむ事は考えないのだろうか、友人の礼儀を憶えたと言われては話にならない。私が馬鹿を装い話したくない。輪と話すのは分かって欲しかったからだ。好意のある人には砕けた話し方になるはずだろう」
「礼。何故、気難しい顔をしているのです」
 許しを与えたのに、何故かと傾げた。
「巫女様。私は泊まる宿を考えていました。友人の礼儀を憶えたと言われましたが、それでは港町に入る前に泊まる宿は、どの様な物にしたら良いだろうか、悩んでいました」
「何故にですか」
 春奈が呟いた。
「このまま行けば昼過ぎに港に着くのでしょう。早く水着を買って泳ぎたいわ。泊まる所は夕方までに探せば良いでしょう。ねっ」
「港町では予約を取らなければ泊まれないのですか?」
 礼は、夏美と秋奈が不満を表したが相手にはしない。と、言うか。聞えてないようだ。
「巫女様。港町では言葉の伝えも無く、昼過ぎに宿を探すのは、疾しい人と思われるのです。普通は港町に入る手前の宿に泊まり。主人の紹介を得るのです」
「そうですか。なら泊まる事にします」
 無表情で答えた。何も疑問に感じず。ただ泊まる事が規則と思って、答えた感じだ。
「巫女様が港町で、どの様な事をするかに依って宿も変わります」
「何故にですか」
「巫女様みたいな上流階級の方は、上級用の宿が有ります。普通の方でも雰囲気を味わう為に泊まる方もいますが、水着を買って泳ぐだけなら、この手の宿は使わない事を勧めます。豪遊して目立ちたいと言うなら話は別ですが、どの様にいたしましょうか?」
 夏美と秋奈は、豪遊と聞き騒ぎ始めた。それ見て、輪は顔面蒼白になり頭を抱えた。
「豪遊ね。豪遊ね。豪遊にしましょうねえ」
「私、一度でいいから究極の暮らしをして見たかったの。豪遊にしましょう。ねえ」
「私の事よりも。輪様が、何時でも行動出来る宿にして下さい」
「分かりました。小金を貯めて港町に遊びに来た事に、宿は中の上の位に致します」
 礼は、用件を聞いたが行動に移さずに、悩み事があるような姿で立ち尽くした。
「巫女様。気分を害す恐れがありますので話して措きますが、巫女様の顔が港町では知られていない為、と、言うよりも、此方から明かさなければ信じないと思います。その為に話を掛けられる事があると思いますが、その方々は邪な考えはないのです。人は一人では生きていけない、助け合わなければならない、そう思い話しかけてくるのです。嬉しい事があると幸せを分けよう。そして、相手の悩みを聞いて、幸せの手助けをしよう。そう考えているのです。その方々とお会いした場合は、夏美さん達と接する時のような、態度や話し方をして欲しいのです。ただし、男の場合は、私に話し掛ける時と同じにした方が良いと思います。今話した事は必ずお守り下さい。お守り頂けないと、輪様が困る事になるかも知れません」
「輪様に迷惑を掛けるのですね。分かりました。必ず守ります」
 此処が密室にでもいるかのように、二人は、自分達の世界に入っていた。春奈は、使命感に燃えるように真剣な表情で答え。礼の立ち去る姿の礼儀が、扉の開け閉めに見えたのは冗談なのか」
「巫女様。誰にも迷惑は掛かりません。気にしないで楽しんで下さい」
「大丈夫です。輪様には心配を掛けません。礼が話していたように、女性のような弱い者は助け。見掛けにこだわらずに礼儀を尽くします。輪様を貶める事は致しませんわ」
「えっええ」
 巫女の言葉の意味が分からなかった為、夏美と秋奈は、驚きの声を上げた。
「ねえ。礼の話していた事って、女性の友達は歓迎しますが、男は駄目だ。そう言ったのよね」
 夏美は、自分の考えに自信が無い為に小声で、輪の耳元で話し掛けた。
「・・・・。巫女様。出かけましょうか」
 輪は答えに困り、話を逸らした。
「夏美さん。秋奈さん。如何しましたのですか、行きませんの?」
 巫女は、二人が席を立たない事に疑問を感じて立ち尽くした。
「夏美さん。秋奈さん。礼さんが何か用意しているかも知れないですよ」
 輪は二人の不満な顔は、先ほどの礼と巫女の話に入れなかった為だろう。二人が暴れ騒ぐ前に猫撫で声で、礼に関心を向かせた。
「二人とも、体の具合でも悪いのですか」
「何でもないわ。港町の事を考えていただけ、早く泳ぎたいなって、ねぇ、秋奈もよねぇ」
「そっ、そうよ。海で泳ぐのって初めてだから、綺麗な所なら良いなと考えていたの」
 二人は、礼や春奈の事よりも、輪に無視された事に腹を立てていたが、礼や春奈の前では馬鹿な事は出来ないと思い。渋々席を立ち上がり、四人は茶店を後にした。それ程歩く事もなく、礼と合流すると、驚き立ち尽くした。礼と早く会えた事でなく豪華な馬車が並んで停まっていたからだ。 
「春名様。御待ちしておりました」
 礼と御者の他に、何の為に連れてきたのか十四人が、一斉に同じ声音で答えた。
「礼。その礼儀は良いです。友人の礼儀で」
「うわあ、礼さん有難う。やっぱり、私達の話を聞いていたのですね」
「私の意見を聞き入れてくれたのね。その方達は、私達の世話をしてくれる人でしょう」
 春奈は、夏美と秋奈の悲鳴のような声が重なり、最後まで話す事が出来なかった。
「そうですが」
「礼さんは、豪遊出来る方を選んでくれたのですよ。秋奈楽しみね」
「そうよね。迎えがこの豪華さですから宿も食事も、豪華な衣装も着られるのかしらね。私はこれ以上想像できませんわ」
「秋奈はテレビを見た事はないの。モット豪華よ。ひょっとしたら天蓋の付いた寝台や雲の上を歩いているような感じがする絨毯が敷いてあるのよ。私ね。聞いた事があるの。その絨毯は足首が埋まるらしいのよ。ああ早く感触を楽しみたいわ」
「夏美さん。私が思うには、この地では和風の物しか無いと思いませんか、確かに洋風の馬車に見えますが、近くで見ると和風に近いですよ。私は想像出来ないのですが、夏美さんは和風の豪華と言えば、何を浮かべます」
 夏美と秋奈は世話役が声を掛けられるまで浮かれ騒いでいた。
「御名前は伺っていますが、どの様に御呼びしたら宜しいでしょうか」
 それぞれの馬車の模様の服を着る世話役四人ずつが、女性三人の前で畏まり。同じ言葉を伝えると、声を掛けられるのを待っていた。
「礼さん。豪遊遊びをするつもりですか」
 輪は、礼の耳元で囁いた。
「これでも女性には普通の接待ですよ。男の方は世話役が一人です。馬車も一台で相乗りすると言ったのですが、男性は際限がない為に、接待は止めたそうです」
 礼は、輪に耳元で話され、一瞬渋い顔を表したが、直ぐに親しい友人の顔に変化した。
「御二方の荷物が無いのでしたら、私達は帰らせて頂きます」
 世話役の二人は慇懃無礼に話した。
「ああ、言い忘れていました。本当なら女性の館には入れないのですが、巫女様達と離れないで要られるように、話を通しましたから安心して下さい」
「礼さんには、本当に、いろいろとしてくれて済みませんね。安心しました」
 輪は心からの感謝の現れだろう。話ながら何度も頭を下げていた。
「あの二人の男変わっているよ。金を払ってまで使用人をしたいと言ったのだろう」
「金持ちの家では珍しくないらしいぞ。常に人に命令していると、命令されたくなるらしい。それにな、金持ちの家では成人の儀式で、人に使われる事を学ぶ家訓があるらしいぞ。もっと驚く話を聞いた事がある。雲の上のような人の生活は、箸よりも重い者は持った事が無いらしい」
「えっ。食べる時には茶碗は持つだろう」 
「それが持たないらしい。全ての食べ物を毒味する為なのか、美しい盛り方にこだわるからなのか解らないが、一つの皿には、二口分しか盛らないらしい」
「それで箸以外は持たないのか、味噌汁の時は、如何するのだろうなあ」
「解らない。私らには想像も出来ない食べ方をするのだろう」
 輪の世話役に来た二人は、話し声が聞かれない位離れると、輪達と話していた真剣な表情から顔を崩して話し出した。二人が、この場所から離れる事が合図だったのか、今まで畏まっていた十四人が、再度、声を掛けた。
「どの様な御名前でも御使い頂けます。例えばですが、巫女様と、御呼びする事もできます」
「えっ」
 三人の女性は、ほぼ同時に驚きの声を上げた。春奈だけは意味が分からない驚きだろうが、夏美と秋奈は、自分達の世界ならどのような言葉を使っても聞き流してくれるだろう。だが、この世界では命懸け。それは大袈裟ではないはずだ。それなのに、本当にその言葉を使っても大丈夫なのかと考えが過ぎった。
「春奈さん。三人で巫女様にしませんか?」
 夏美は真剣な表情で話しながら、春奈の表情を窺った。私も含めて咄嗟に使う恐れが有ると思い提案をしたが、今、此処に立つ地での最高権力者の目の前で、夏美の心臓は破裂するのではないか、そう感じた。春奈が笑みを浮かべてくれたので、心から安心した。
「構いませんが」
 春奈は、何故、自分が出てくるのか分からなかった。女性に対しての最高の尊敬語だろうと頭の中で解釈しながら、三人で巫女を演じるのを楽しみに感じた。 
「面白そうね。秋奈巫女様かしら、それとも言い難いから、秋巫女様かしらね」
 秋奈が嬉しそうに呟いた。 
「秋奈さんが、秋巫女様なら。私は春巫女様ですわね」
「私は、夏巫女様にしますわ。それで本当に宜しいのですね」
 世話役人を心配して、夏美は確認を求めた。
「仰せの儘に」
 十四人は畏まり。問いを返した。
「春巫女様」 
「夏巫女様」
「秋巫女様」
「この輿にお乗り下さい。館まで御連れいたします」
 四人の中の、それぞれの長が声を掛けた。そして、三人の女性が輿に乗り終わると、世話役は自分の模様と同じ輿を囲み、それぞれの、世話役の長が輿の小窓を叩いた。
「ん。これを開けるのね」
「宜しければ、出発致します」
「宜しいですわ」
 世話役は許しを得ると、先頭の者に手で合図を送り、小窓を閉めようとした時だ。
「閉めないで、聞きたい事があるの」
 世話役は声を掛けられると、手を止めた。 
「何なりと。私を呼ぶ時は、伊と、他の者も腕章の字の通りに、呂、葉、煮、と呼んで頂けたら直ぐに参ります。夏巫女様」
「分かりましたわ。伊。ですね。伊。巫女様って偉い人なのでしょう。私達は良いとしても、貴方方は、巫女様に怒られませんか?」
 小窓から、春奈に聞えないように囁いた。
「この地来られる方は、必ず問いかけますが、心配はありません。この趣向は、現巫王様と亡き巫女様の提案です。この港町は、巫王と巫女様が御結婚された時に、差別の無い夢の町を作る考えで、この土地を選んだのですが、旧町の有力者の賛同がえられず。人々を集める為に、この遊びを提案されました。先巫女様が亡くなられると、現巫王様は変わられましたが、港町だけの遊びとして許されています」
 他人事のように感情を表す事が無かった。
「そうなの。解りましたわ。それなら、私は心行くまで我が儘をしますわよ。うっ、ふふっふ」
 小窓を自分で閉める目的は、魔女の様な笑みや笑い声を隠そうとしたからだ。
「謹んで、お受けします」
 小窓を閉めながら言葉を掛けた。輪と礼と、規模の小さい大名行列は、太陽が微かに傾くほどくらい進み、館に着いた。
「ほおう。私の世界の倉庫にトラックが乗りつける時見たいですわね。特権階級は、この様な生活をしているのかしら。それとも、この世界が特別なのかしら」
 館の扉が開くと驚きの声を上げた。
「お待ち致して下りました」
「ちょっと。えっ」
 夏美達は声を上げる暇もなかった。
「人の道が切れるまで進みください」
 襖を開けられると、真直ぐに、廊下に女性が両脇に並んで畏まっている。広さは人が並ぶと四人位の大きさで、廊下の先は走ると数十秒は掛かるだろうが、それで驚いた訳では無かった。畏まる女性が手に何かを持ち。私が目の前に来ると立ち上がり、靴を脱がし、衣服を歩きながら着替えさせたからだった。廊下の突き当たるまで、この接待が続いた。突き当たりの襖を開けると、大きい宴会場には、輪と礼が、伊の服と同じ格好して待っていた事に、夏美達は驚いた。
「意味は解りませんが、世話役をしなくては行けないみたいです」
「夏美さん。秋奈さん。春奈さん。何か用がありましたら、私と礼に伝えてください。私達が館の者に伝えます。私達に言い難い事は襖の前で畏まっている人に伝えて下さい」
「温泉が有るらしいの。ほら、春巫女さんも行きますわよ。秋巫女も早くして」
 三人の女性は、輪の話しを最後まで聞いていなかった。
「礼さん。私達は、如何しますか?」
 輪と礼が話しをしていると、年配の女性が襖を開けて入って来た。
「御連れの女性は、此処に戻られるには時間が掛かるでしょから、戻って来られる前に入浴や食事を早めに済まして下さい」
 不満が有るのか、時間に追われているのだろうか、話を伝えると慌しく出て行った。
「待って下さい。湯は何所に有るのです」
 輪は追いかけて尋ねた。
「聞いてないの。付いて着なさい」
 年配の女性の後を付いていくと、館に入る時に通った。従業員専用の出入り口に連れてこられた。
「ここよ。後は中で聞きなさい」
 二人が連れて来られた所は、良く言えば警護人の休憩所と思えたが、薪や食料が詰まれ物置にしか思えなかった。
「こっちに来い。男は、この先に入れんからな、何時、来るのかと食べずに待っていたぞ。早く来い。我慢の限界だ。ほれほれ」
 荷物が置かれた。その置くに、何も囲いのない囲炉裏から手招きされた。
「あのう。湯船は何所でしょうか?」
 量だけを考えた鍋物を、五人で食べながら輪は話し掛けた。
「風呂か。その扉を開けて見ろ。湯が溜まっているだろう。それだ」
「えっ」
 輪が驚くのは当然だった。湯が溜まっている所は、城壁の様な壁から湯が漏れ出して池にしか見えない。それも、普通の家で作る質素な作りで囲いもなく。景色でも楽しめるかと思ったが、館の裏しか見えず最悪だった。
「嫌な顔をするが、それでも、大金を払って入る者もいるのだぞ。女性の残り湯は万病の元に効くと喜んでなあ」
 輪と礼は食欲と疲れでよく食べた。湯に入り。無理やり湯に入らされたが、逃げるように、春奈達が居る部屋に向った。
「ああ、お腹が空いた」
「そおねえ」
 秋奈が夏美に話し掛けたが、上の空で答えられ、春奈は心配になって問いただした。
「如何しましたの?」
「お腹が空き過ぎて話すのも嫌なのでしょう。私も死にそうなの。早く食べましょう」
 三人は歩きながら着替えから全ての身支度を整えられて、部屋の前に着いた時には、又、別の室内着を着せられていた。
「食事が無いわ」
「あら。輪様が食べてしまったのかしら」
 部屋を開けると、輪達が雑魚寝していた。
「秋奈さん。あっ、いや。秋奈巫女様、春奈巫女様。やっと来られましたか」
 輪達は待ちくたびれて寝ていたが、声が聞えて飛び起きるが、世話役の鋭い顔を見て言い直した。
「食事なら、此方です」
「ほおー」
 世話役は案内をする為に待っていたかのように、向いの部屋の襖を開けた。
「すごーい。此処の世界に来て食べられないと思っていた物まで有るわ」
「あれは何でしょうか。食べ物なの」
 皆は驚きの声を上げるが、特に、春奈は旅に出てから始めて感情を表した。
「輪様。後で話が有ります。少しの間待っていて下さい。直ぐ戻りますから」
 春奈は世話役から、輪は食事を済ましたと言われて、自分だけ部屋に入った。
「男性の方は、食事は済まされたはずです」
 輪は豪華な食事を見て入ろうとしたが、慇懃無礼な話し方をしながら襖を閉められた。そして、一時間くらい経っただろうか、三人の女性が現れた。
「輪様。何をしていますの?」
 輪は余りの豪華な食事を見て、意識が遠くなり襖の前で立ち尽くしていた。
「春奈巫女様。食事は食べないのですか?」
「食べましたわ」
「綺麗な女性を見て、我を忘れて楽しい夢を見ていたのでしょう。やぁね。男って」
「輪さんも変見たいだけど、夏美さんも変なのよ。又、落込んじゃったわ」
「春奈巫女様。立っていないで座りませんか。話が有るとか言っていましたでしょう」
 春奈に、部屋の中に入るように勧めた。
「此処で遊ばれるのですね。それでは酒宴の準備をいたしましょうか」
「そうね。果物で良いから少し欲しいわ」
「心得ました」
 世話役が部屋を出ると、用意されていたように、即座に食べ物が運ばれてきた。
「又、だわ」
 夏美ががっかりして、呟いた。
「凄い数の料理ですね」
 料理が並べ終わるまで誰も話さなかった。
「それでも、先ほどよりは少ないわよ」
 部屋が夕食の時より小さい為だろう。それでも、五十人分は有るように見えた。
「踊りや楽隊は、何時頃が致しましょうか」
「大事な話が有りますから。遠慮します」
「御用があれば、御呼び下さい」
 全ての世話役が居なく無くなると、輪が礼に話し掛けた。
「礼さん。これで本当に普通なのですか」
「普通です」
「夏美。あっ。済みません。夏美巫女様。元気ないようですが、何か有ったのですか」
 輪は、ふっと。目線が夏美に向き言葉を掛けた。
「私の考えって、独創が無いのかと考えていましたの。馬車に乗った時から、遣りたい放題の我が儘をしようと考えていましたわ。私が声を掛ける前に、何から何までしてくれるのですもの。我が儘をしている気がし無くて、何だか虚しくなってきたの」
「独創はありますよ。夏美巫女さん程に、人を困らせる考えを思いつく人はいません。いろいろな人と会いましたが、夏美巫女様より自己中な人はいませんでした」
「そうね。想像力は豊富なのはわかるわ。ん。今、自己中とか、何か言わなかった」
「えっ。えっ。えっ」
「話題の豊富な、貴婦人と言いたかったのです。違いますか」
 輪は、自分の心の中の不満をぶつけたが、良い言い訳が思い浮かばず慌てたが、礼の機転に助けられて、夏美が納得するまで首を前後に振り続け、話題を春奈に逸らした。
「春奈巫女様。話しとは何でしょうか」
 春奈の話とは、旅の目的を忘れている。優先するのは輪の修正です。と言う話だった。輪はその話を聞き感激したが、旅の目的は一人でも出来ますから旅を楽しんで下さいと話し、明日の港町の事で話しが盛り上がった。
この部屋を見聞きしていたかのように、話し疲れた頃、最高の頃合に世話役が現れた。
「御休みの用意が整いました」
「有難う。今、呼びに行こうと思っていたのですよ。明日の為に休みましょう」
 輪が話し掛けた。皆が、この部屋を出ようとした時に世話役に止められた。
「正気なのですか。此処からは女性の部屋なのですよ」
 輪と礼に数人の世話役が立ちはだかった。
「男性の方の寝室は、食事を頂いた所で聞いて下さい」
 輪の視線を感じ取り、世話役が答えた。その話を聞き、輪は不安な気持ちで向かった。礼は何が楽しいのか笑みを浮かべていた。やはり出迎えたのは、あの男だった。
「寝室は何所でしょうか」
 輪は相手の気分を壊さないように、引きつきながらも最高の笑みを作ろうとしていた。
「そんなに気を遣わないで下さい。私たちが接待する方なのですから。二人は酒を飲めますね」
「はい」
 輪は、早く床に入りたかったが、話の流れで断れ切れなかった。
「ほう、かなり飲めますね。貴方が普通の方ではないのは分かっています。私達が心を込めて出来る限りの接待をします」
「私は寝室の場所を教えてくれるだけで結構ですから」
「貴方のような方は、此処によく来られますから何も言わなくても良いです。身分の継承に必要なのは分かっています。私達も仕事です。手を抜く事は致しませんが、最後まで出来れば、新人研修修了証を御渡しますよ」
 元軍人と思える年配者の世話役は、輪の話しを全く聞かずに、話し続けた。   
「貴方のような上流階級の人は、この館にいる間だけで済みますが、私達には一生続くのです。何も心配する事はありません。私達が御手伝いすれば必ず最後まで出来ます。第一は、朝まで酒を飲み続けなければなりませんが、一人でなら出来ないかもしれませんが、私達は仕事と割り切っていますから酔う事はありません。さあー飲みましょう。杯を出して下さい」
 輪は今の話を聞き、礼に理由を目線で問いかけたが、礼は真顔で首を振り、分からないと伝えられ、もう少し、礼を見ていられたら、真顔の引きつる様子を感じられただろう。それはまるで、子供が悪戯に成功して笑いを堪えているように見えた。
「もう、飲めないのですか。仕方がないですね。朝までは時間はまだあります。仕方がない。次の段階に行きますか、歌や踊りをして下さい。飲む方が楽しいと思うのですが、仕方がありません」
 輪は理解出来ない理由で強制的に、朝まで飲み続け。終わったのは、女性の世話役の言葉で、やっと終わった。
「三人の巫女様が朝食を供にしたいと言われていましたが、無理のようですね。分かりました。辞退すると伝えときます」
「最後段階です。身だしなみを整え終われば、新人研修終了証を御渡します」
 輪は貰わなくても良いのに、むしり取るように証書を受け取り。早く海に行き眠るぞ。と、心の中で考えた。
「早く出かけましょう」
「えっ。分かりましたわ」
 三人の女性は、輪の別人のような顔付きに驚き。一言しか声が出せなかった。
「礼さん。輪さんは、何故、殺気を放っていますの。分かります」
「早く海に行き、貴女方の永服を早く見たいからと思います」
「まっ」
 夏美は顔を赤らめた。
「何をしているのです。早く行きますよ」
 輪は普段の通りに話しているが、皆には別人としか思えなかった。普段は頭のネジが緩んでいるような笑みと、幼稚園の女性教師が子供をあやすような話し方をする為に、輪を困らせて見たいと思う人が多い。7話を掛けても聞き流されるが、今日の様子は殺人狂が人をいたぶるように感じられた。行動も変だった。今までなら先頭を歩き、所々で振り返り顔色を窺っていたが、今日の輪は、私達の後を、今にも死ぬような歩き方で付いて来る。そして、私達がよそ見をすると、まだ着かないのですか。殺気を合わせながら話し掛けてくる。これでは、町並みを見るゆとりも、会話を楽しむ事も出来ずに、無言で歩き続けた。輪は店に付いても様子が変わらず。何所を見ているのか一点を見続けた。この緊迫感を破ったのが、春奈だった。
「この泳服、裸と同じではないですか」
 顔を赤らめ驚きの声を上げたが、他の客と夏美さん達は、笑みを浮かべながら熱い視線で泳服を選んでいた。声を上げた事に恥ずかしく思い。考えを変えた。これは体を綺麗に見せる強制服なのよ。泳服の中に着るはずよ。こんな姿を人に見せられるはず無いもの。と、心の中で呟き。店内に視線を動かして永服を探すと、輪の視線に気が付き、その元を探した。
「まっ」
 今まで見た物より肌が露出する物だった。輪様は、この強制服を着た姿が見たいの。と、心で思い店員に声を掛けた。
「強制服の他に泳服はないのですか」
「強制服は分かり兼ねますが、店内にある物は全て泳服になっております」
 店員の言葉で気絶しそうだったが、気持ちを落ち着かせて、妥協出来る物を探したが、有るはずがない。如何する事も出来ずに立ち尽くしていた。
「春奈巫女ちゃん。迷っているの。聞いて挙げる。礼さぁん。二枚買っても良いわよね」
「秋奈巫女様。ちょと、その、あの」
 礼は大声に気が付き、頷いた。
「良いってよ。私も二枚にしましょう」
 秋奈の余計な親切で決められた物を見て気絶しそうだった。
「終りましたか。早く海に行きましょう」
 店員が、三人の物を手に取り集計が終わると、輪が声を上げた。
「春奈巫女様。大丈夫ですか」
 礼が支えながら歩く。
「店を出たのですから大丈夫よ。私も店の中の熱気に耐えられない為に、買う物を言って店の外にいましたもの」
「大丈夫です」
 春奈は勝手に決められた泳服の事で、夏美が何を言っているのか分からなかった。ただ、何度も自分に言い聞かせた。大丈夫。大きい湯船と思えば大丈夫。大丈夫。大丈夫よ。湯船と思えば。
「礼さん。いい加減に離れなさい。春奈巫女様の気持ちが落ちつかないでしょう」
 秋奈が、春奈に肩を貸して、礼に問うた。
「礼さん。それにしても、何であんなに夏美巫女の機嫌が良いの。分かります」
 礼は、二人の変わりようを分かっていた。輪は二日酔いで、夏美は、輪が水着を見たいのだろう。と、自分で話した事だ。礼の笑みには、輪の困る姿が見たい。そう思えた。
「輪の態度の変わりようは、何かがあったのかも知れませんが、私には分かりません」
 輪と夏美の後を、春奈は心あらずのように付いて行き。その後ろを秋奈と礼は話しをしながら歩いていた。二人を心配していた訳ではない。ただ気持ちが悪い為に近寄りたくなかった。二人の姿は、夏美は水着を胸に抱き。恥ずかしそうに輪の後を歩いて行く。輪は潮の香りを頼りに死ぬ気で歩く姿はまるで、戦地にでも行くような鬼気迫るようすをしていた。
「私は、此処で休んでいます。好きなだけ遊んできて下さい」
 砂浜に着くと、気力が尽きたのか、千鳥足が縺れたようになり。海が見ると倒れこんだ。
「分かりましたわ。此処にいるのですのねぇ」
「私も此処で休んでいます」
 礼も同じ言葉を上げた。
「分かりましたわ」
 三人の女性は、水着店の専用更衣室が在る館に向っていった。
「海に行けば分かる。そう言っていたけど凄い館ね。私ね。掘っ建て小屋と思っていましたわ」
 三人は金銭感覚が分かっていない。巫女は同然だが、二人は少し考えたら分かると思うが、店にいた客は熱い視線を向けるだけで買い求める人が少なかったはずだ。他の店では同じような物で半額以下、そして、安い宿まで借りられる値段だ。
「輪さん。一緒に泳ぎましょうよ。えっ、輪さん如何なさいましたの」
 夏見は、輪の容態が気に掛かり近寄った。輪が気持ち良さそうに寝息を立てていた。
「本当にもー、何寝ているのよ」
「如何しましたの」
 少し遅れて、春奈。秋奈が現れた。
「この男寝ているのよ。私の水着を見たかったはず、そうじゃなかたの。ほんとにもー」
「それで、礼はどこに?」
「私は此処に、夏美巫女様が、一人で現れましたので、この場に居たら邪魔と思いまして」
「この馬鹿はほっといて遊びましょう」
 輪の連れ達が、この場所から離れた事が合図のように、赤い糸が奇妙な動きをした。だが、輪は目が覚めない。赤い糸は一点の方向を示したが、輪は気が付かない。そして、赤い糸は指を締め付けたが、一声を上げただけだった。又、赤い糸は奇妙な動きをしたが、それは、人が考える時の姿に見えたが、一瞬で解けて、先ほどとは違う海の方向を示し、輪を引きずって行った。海に沈められて、輪は、やっと目を覚ました。
「ああっ、はあ、眠い。修正をするのか」
 赤い糸の示す方向に歩き出したが、眠いのだろう。目を擦り、呟き。それを繰り返していると連れの喜びの悲鳴が聞えてきた。
「きゃあ。あはは。もー止めてよ」
 輪は振り返った。大声を上げようと手を口に当て、修正に出かける事を伝えようとしたのだろうが、遊びに夢中なら、その間に、修正を終わらせる事に決めた。
「この指の締め付けだと、かなり気が付かないで寝ていた見たいだ。今からではするべき事は過ぎた後だ。簡単な修正で済んでくれれば良いが、無理だろうなあ」
 輪は呟き終わると顔色を変えた。耳を澄まして目を血走らせ、辺りを見回しながら歩き出した。この姿を見る者がいれば、変人と思われて騒がれるだろうが、この時期の海にしては数える位しか人はいなかった。お蔭で、もし、輪を見かけても飼い犬や猫を探していると思うだけだろう。
「時間が経ちすぎて修正は無理なのか。赤い糸の導きのまま歩いているが、何も見付からない。今までなら一点を示すが、今回は一帯を示すだけだ。今まで通りの修正は無理なのか。寝過ごした為なのは分かるが、大事だけはならないように祈るしかない。それにしても、なぜ人がいない。水着が売られているのだから、泳ぐ楽しみがある筈なのに、この状況も修正に遅れた為なのか?」
 輪は探し疲れたが、休まずに独り言で疲れを癒しているように感じられた。その話を、この土地の者が聞いていたら、ほとんど意味が分からないだろうが、一つは輪を安心させる話をしてくれるはずだった。それは、海岸に人が居ない理由を笑いながら聞ける事だろう。左海岸ではなく右海岸を端まで歩けば分かりますわよ。輪がその話を聞き、歩けば、店屋と人が増えてくるが、段々と粗末な店屋と同じ水着を着る人が増え、自然と店屋ごとに人が分かれる事に気が付くはずだ。極端な例を挙げれば、誰でも好きな所で泳ぎ楽しめるが、もし家族で左海岸の一番豪華な店の前で泳ぎ楽しんでいる時、子供が一杯の飲み物を頼んでしまった。と、する。心臓が止まるほどの金額を請求される事になる。人々は左に行くほど商人の売り込みは際どくなる事を知り。自然と商人魂を避けるように、右側に人々が集まるのだった。輪は、鳥の羽ばたきを聞き駆けつけた。鳥は怪我をしていないが痙攣していた。脅かさないように近寄ったが、突然飛び立ち、輪は、驚きの声を上げた。
鳥が飛びさると、地震のような、津波が来るような音が、頭の中で声が響いた。
「我は、八尾路頭。我の双子を帰せ、一週間の間に帰せば、全ての事は忘れる。我に帰さない場合は、全ての地を水没させる」
 輪は、頭の中で何度も同じ言葉が響き。頭痛を感じながら修正を試みた。
「力ある者よ。我には効かない。ん。先ほど、我の心が入っていた鳥を助けようとした子だな。昔の擬人は全て心優しかった。お前のような者が、まだ要る事を知った。我は怒りを静めよう。一週間後、我は現れる。その時の話しだいでは怒りを現すぞ」
 又、地震のような津波が来るような音がすると頭痛が止み。言葉が止むと、輪は、即座に連れの元に向かったが、途中で逃惑う人々に出会い。何所に、こんなに人が居たのかと驚いた。
「輪さぁん。此処よー、此処よー」
 秋奈が手を振って、輪を導いた。
「礼さんは、何所にいるのです」
「私が、父に伺いに出しました」
 春奈が、即座に答えた。
「礼さんが帰るまで、此処で待ちましょう」
「礼の事は良いのですよ。輪様の仕事を優先して下さい」
「私には手に負えません。私、いや、夏美、秋奈、私が、この世界から消えるのを待ちます。その間は、巫女様の用事を手伝ますから」
「消えるのですか。故郷に帰るのですね」
 春奈は言葉の意味が分からず。首をかしげながら問い掛けた。
「輪さん。修正に失敗しましたの」
 今度は、夏美が、輪に問いかけた。
「はい」
 輪は、簡潔に答えた。そして、安心させようとした。
「そうです。失敗してしまいましたが、二人を必ず元の世界に返します。今回は時間に遅れて無理でしたが、今度行く修正では気を抜きません。必ず帰れますから安心してください」
「私が言いたいのは、焚き火で失敗したのでしょう」
 夏美は、輪を諭すように話した。
「焚き火をしていた訳ではないですが、それに近いですが、それが、どうしたのです」
「それよ。焚き火で駄目なら山火事を起こしなさい。分かった。それを言いたかったの。一度失敗したからって落ち込まないでよ」
「なな、夏美さん。八つ当たりで山火事を起こさないで下さいよ。諦めないで、もう一度やって見ますからお願いしますよ」
「何時ものにやける顔になったわね。苛める楽しみが湧き上がってきたわ。先ほどまでは幽霊よ」
「ねえ。あれ、礼さんじゃないの」
 逃惑う人々と逆に、礼が悠然と歩く姿を見て、秋奈が声を上げた。今までの重い雰囲気が消え、礼を心待ちした。
「礼、早いですね」
 春奈は、礼が近寄ると即座に声を掛けた。
「あの話は相当な広さに伝わっています。私が巫女様の言葉を、緊急連絡人に伝え行った時には出た後でした。これなら、今日中に、御父上から連絡が来るはずです」
 礼は完璧な礼儀で報告していたが、突然立ち上がり、春奈に海水を浴びせた。
「礼。何をするのです」
 意味が分からず驚きの声を上げた。
「これで旅は終りですよ。最後の少しだけの時間です。飽きるまで遊びましょう」
 礼儀の欠片もない態度に、礼は豹変した。
「礼。今の状況が分かっていますか」
 礼は、春奈の話を途中で遮った。
「分かっています。御父上の考えも、貴女の考えも、このままでは貴女の答えは一つ、御父上の考えの通りにするのだろうが、私は嫌ですね。貴女の本当の気持ちなら別ですが。はあー、表情も変えませんね。もう一つの答えもあります。それは御父上も用意しているはずです。この人達と一緒に、共にしていたのなら分かるはずです」
 輪達は、礼の豹変に驚き何が起きたのか。黙って話を聞いていたが、春奈を侮辱しているというよりも、家出をした子供を諭すようにも感じられた。春奈は、どの様に感じているか分からないが、首を傾げる時もあったが、普段通りに話しを聞いていた。 
「楽しい言葉遊びは終りですか?」
 夏美は言葉が途切れると声を掛けた。 
「ん」
 礼と春奈は振り向いた。
「私は、何時お別れしても良いように、楽しい事だけを考えていますわ。今もねえ。終わったのなら、私の話を聞きませんか」
 夏美の話で、輪は、働き蟻のようだ。だが、嬉しそうに走り回り。秋奈は、輪の手伝いをすると言って釣りに夢中だ。礼、春奈は何をしているか分からないまま、夏美の指示に従っていた。夏美は旅の終りを待つのではなく、楽しい旅の続きのままで、終わって欲しいと思うだけだった。
「来たようですよ。春奈さん」
 夜が更け、月明かりや海の音に慣れてきた頃に、鳥が鳴くような砂の音が聞えてきた。
「はい、聞えます。私は海に来てこの音が一番の驚きでした。海の広さや波の音は話に聞いていましたから。でも、砂浜を歩く音ほど驚きませんでした。私は鳴き砂のような鳴く鳥を飼って、輪様達や海での楽しい思い出を浮かべながら生きようと思います」
 鳴き砂の聞こえる方を向きながら呟いた。
「巫女様。御父上から御手紙をお持ちしました。それでは失礼します」
 畏まりながら手渡すと、男は立ち去った。
「えっ」
 夏美は、驚いた。男は供として残る。そう感じたが、手紙を渡すと立ち去ってしまったからだ。
 一つ、武道試合を行なう。
 試合後、最高上位の者に家位級を授ける。
 二つ、新都建設を行なう。
 三つ、春奈の帰宅後、退位を行なう。
 と、書かれていた。
「今直ぐに帰るのですか」
 手紙から目を離さない理由を尋ねた。
「いえ。私の好きにして良いようです」
「私達と旅を続けるのですね」
 秋奈が喜びを表した。
「はい、あっ、手紙を見ますか」
 秋奈に答え、夏美の目線に気が付いた。 
「見たいですわ。あら古語ですわ。それなら読めるわ。かいきゅう、と言うのかしら」
「そうです」
「身分の事ですよね。どの位の地位なの」
「分家の扱いです。血の繋がりが無くても親戚になれる事です。今までは賞金でしたが港町から全ての人々を非難させる為の、一つの考えだと思います」  
 春奈の話の口調には、不安が感じられた。
「素性の知らない者を、親族に入れて大丈夫なの?」
「父に何か考えがあるのでしょう。新都の計画も代替わりの者が決めるはずです。それを作るのですから非難場にするのでしょう。全てが終わった後は何かの施設として使い。その者に任せるはず」
 夏美の問いに答えると言うよりも。自分を安心させるように感じられた。皆は、春奈が帰らないと分かると、明日の行き先や手紙に書かれた意味などを話し合っていた。普段の野宿なら闇に浮かぶ月が傾くほど、口数と同じに焚き火の光も弱まり、二人の男だけが残って交代で休むのだが、今日の焚き火は弱くなる事はなかった。
最下部の第十四章をクリックしてください。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
垣根 新
性別:
男性
自己紹介:
物語を書いて五年になりましたが、私は「左手の赤い感覚器官(赤い糸)と「蜉蝣(カゲロウ)の羽(背中にある(羽衣)の 夢の物語が完成するまで書き続ける気持ちです。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
最古記事
(08/02)
(08/02)
(08/02)
(08/02)
(08/02)
アクセス解析